社会人としてのマナーの重要性

女性の転職に成功しやすい人の特徴として、やはり社会人としてのマナーができている人が強い傾向にあります。
社会人のマナーといっても覚える事は多いので、普段から心がけていないとすぐに身につくようになるものではありません。
今回は「挨拶のマナー」「メールや電話のマナー」「面接のアポイント」の3つの視点で紹介していきます。


『挨拶のマナー』

まずは「挨拶のマナー」 上司や先輩のような目上の方に対しては必ず立ち止まって言葉と同時におじぎをしましょう。
相手が立ち去るまでおじぎを続けるとなおGoodです。
対して仕事上のお客様の場合は「お世話になっております」の掛け声とともにおじぎを行います。

『メールや電話のマナー』

続いてメールや電話のマナーについてです。
電話をかける相手に配慮した電話を心がけます。相手の出勤時間や昼休みの時間を考え、その時間帯に被らないよう配慮します。
メールに関しても相手の事を考えた配慮のある文体を心がけます。装飾メールや特殊記号などの使用は控えるほか、 普段使わないような漢字なども避ける方が無難です。
また、ビジネスメールの場合は書式が決まっているので その点も注意が必要になります。

『面接のアポイント』

そして最後に面接のアポイントについてです。
面接のアポイントの場合、日時等を聞き取る必要があるのでできるだけ屋外等を避けた静かな場所を選ぶようにしましょう。
また、通話中に電波が途切れたりする事を避けるために固定電話の使用をオススメします。
電話をかけた際には、自分の名前を伝えた後に要件を簡潔に伝えます。
そして電話を切る際には[お忙しいところありがとうございました。それでは失礼致します。」と一言添えて相手が電話を切るまで待ちましょう。
面接は電話から始まっているといわれるくらいアポイントは重要なので最後まで気を抜かず、丁寧に対応していきたいですね。